Tabisuke Tabizo_December 2017

旅助旅造_バックパッカーに向けたウォーキング・シューズ作り その2

ウォーキング・シューズのセカンド・サンプルが完成しました。ファースト・サンプルの改良点を反映したボディのフィッティングを確認するため歩行テストの開始です! 仮ソールにはビブラムの定番「Vibram 2021」をチョイス。旅助旅造の目指すウォーキング・シューズの条件、「正しいフィッティング」「ベアフットのような歩行感覚」「自然なフォアフットの着地」をボディがクリアできているか? 長距離/長時間の歩行を想定して、30キロ歩いてきます!

Tabisuke Tabizo_December 2017

旅助旅造_背中がムレないバックパック作り その15

ウエストベルトを再考中です。試作したベルトを通勤で試用したところ、大きさと厚みが目立ってしまい、デイリー用としてはかなり大げさな印象に。さらに、骨盤周りのフィット感は秀逸ですが、自転車に乗るときには邪魔になるという一面も。小さく薄手で目立たない、でもフィット感抜群で骨盤をしっかり支持してくれる。そんなベストな塩梅のベルトを求めてリスタート! より薄い緩衝材にスリットを入れて、フィット感を高められるか模索中です!

Book Design_December 2017

ブックデザイン_Cinefex 最終号

創刊以来デザインを担当してきた『Cinefex』日本版が、今月発行の47号で休刊することになりました。動画制作を通してVFXを多少かじるようになり、専門誌『Cinefex』ならではの深く掘り下げた記事の面白さが分かり始めたタイミングでの終了宣言。紙媒体には厳しい時代とはいえ、残念でなりません。ハリウッド映画の舞台裏を監督やクリエイターが自ら語る希少な雑誌は、VFXに携わる方には興味深いこと請け合いです。バックナンバーはまだ入手可能です!

Tabisuke Tabizo_December 2017

旅助旅造_背中がムレないバックパック作り その14

前回考案したフレーム+ストリングの背面パネルに、パッド、ハーネス、ウエストベルトを合体させるために構造を見直しました。背面パネルは外側にバネ材のメインフレームと、そのフレーム内に背骨を模したサブフレームを、メッシュとコーデュラで1つにした2重構造。そこに各パーツを取り付ける仕組みです。弧の形状が違うフレームとサブフレームの2重構造は、スプリングとショックアブゾーバーのような機能が期待できそう。ビジュアルも◎!

Tabisuke Tabizo_November 2017

旅助旅造_トートバッグのサンプルづくり その4

僕たちが欲しい機能を満たしたトートバッグの試作は、ややズシッとしています。毎日持ち歩くにはちょっと重い……という意見があり、軽量バージョンを作ってみました。表地は以前販売していた軽量バックパック『The Component Pack』と同じ極薄のコーデュラリップ、バッグ下部の革部分を中厚のコーデュラに変更。そしてコンチョは完成したばかりの軽量なカラー・コンチョに。軽量で雨を弾く、ややアウトドアギア的なトートバッグができました。近日発売します!

Tabisuke Tabizo_November 2017

旅助旅造_オリジナル・パーツ「カラー・コンチョ」 その2

アルミ製のカラー・コンチョがようやく完成しました。随分と製作時間がかかったこのコンチョ、その理由はデザインでした。絵柄が細かく、少しでも塗料が厚くなると凹凸が潰れてしまいます。塗装の厚さを均等にするために、通常より時間がかかってしまったのです。でもその甲斐あって、完成したコンチョは素晴らしい出来栄え。鴨川金属さん、いつも丁寧なお仕事をありがとうございます! コンチョのカラーはベージュ、カーキ、レッド、ブラックの4色です。

Tabisuke Tabizo_November 2017

旅助旅造_背中がムレないバックパック作り その13

前回の新・背面パネルに大問題が発生しました。骨になるフレーム製作をお願いした鴨川金属さんによれば、手作業でこの形状にすることが難しいらしく、金型が必要とのこと。まあ、それはそうだよなぁと思いつつ、なんとかアイデアでこの難題をクリアしたい欲もフツフツと。そこで思いついたのはバネ材の丸棒でフレームを作り、フレーム内をストリングアートのように紐を張って補強するデザイン。今までの仕様より「軽量・高通気」というメリットも。まずはトライ!

Tabisuke Tabizo_November 2017

旅助旅造_背中がムレないバックパック作り その12

ムレを防ぐ最重要パーツ、背面パネルのリトライを始めました。前回の強度不足を補うべく、素材はステンレスのバネ材に変更する予定ですが、バネ材は左右にねじれやすいという難点が。そこでパネルの縁に「フレーム」を作り補強することに。パネルに穴を開け、そこにバネ材の丸棒を通してフレームにすれば、スプリング性能は活かしつつ、ねじれを防げるのでは? 試しに手近な素材で作ってみると上手くいきそうな予感が。次はバネ材でトライします!

Tabisuke Tabizo_October 2017

旅助旅造_オリジナル・パーツ「カラー・コンチョ」

Hook Bagシリーズの機能、そしてデザインのポイントになっている「コンチョ」。ずっしりと重量感のあるこのシルバー製コンチョの軽量&カラーバージョンを現在製作中です! 新バージョンは素材をアルミにして軽量化させ、「吹き付け塗装」で着色します。オリジナルのタックボタンにもこの塗装方法を採用していますが、金属とは思えない独特のマットな質感が出るので、今から仕上がりが楽しみです! この軽量コンチョは、開発中の軽量バッグに使用予定です。

Movie_October 2017

ムービー制作_Marmot「The Best Insulation」 その3

プロスノーボーダー・田中幸さんに出演していただいた、MarmotのPR動画「The Best Insulation」のダウン編が完成しました。わずかな鼻息でも動いてしまうダウンの撮影は、予想以上に苦労しました。その甲斐あって、ダウンが舞い落ちる映像は、なかなか印象的な仕上がりに! 下からのライティングで陰影が深まり、幻想的に浮かび上がるダウンをスローに編集しています。田中さんのコメントはもちろんですが、合間に映るダウンにもぜひご注目ください!
Marmot 
http://www.marmot.jp/insulation_down/#mov

Tabisuke Tabizo_October 2017

旅助旅造_トートバッグのサンプルづくり その3

「僕たちが使いたいトート」の実現にあたり悩ましいのがポケットです。収納するものは人それぞれなのに、サイズはジャストのそれがベスト。そこで以前販売していた『The Component Pack』と同じく、ジャストなサイズのポーチをベルクロで取り付けることにしました。やっぱり面倒な方向に 笑。早速、僕のスマホと鍵、パスケースが入る三連ポケットを製作。これでトートバッグの最終サンプルが完成です! 発売日や価格は、後日お知らせします。

Tabisuke Tabizo_October 2017

旅助旅造_背中がムレないバックパック作り その11

パッド作りの後半戦。工程をきちんと説明すると長くなるので簡単にまとめてみます。①先日製作した「母型」の周りにシリコンを流し込み、24時間後に母型を取り除けば、「型」が完成。 ②「型」に超軟質ウレタンを流し込み、30時間後にパッドが完成。ざっくりまとめるとこの2工程ですが、実際はあれやこれやと20工程くらいとなり、母型作りからの所要日数はおおよそ3日ほどかかります。そして晴れて完成となるわけです。次は背面パッドに取りかかります!

Web Design_October 2017

WEBデザイン_Marmot「角幡唯介 「極夜」という探検の哲学」

先日の記事で少しだけ触れましたが、NHK出版の編集者・松島倫明さんが書き下ろした、探検家・角幡唯介さんの「極夜探検」の深層に迫る連載コラムがMarmotのサイトで公開中です。最先端テクノロジーや未知への冒険など、僕たちの好奇心をガンガン触発する翻訳書を届け続けてくれる松島さん。そんな松島さんが、太陽のない「極夜」という新たな未知の世界、そして角幡さんの探検の哲学を、どのように紐解いてくれるのか。このコラム、超必見です!
Marmot
http://www.marmot.jp/kyokuya/vol1.html

Web Design_September 2017

WEBデザイン_le coq sportif「Wallpaper」

イラストレーター・中垣ゆたかさんに、le coq sportifのウォールペーパー用イラストを描いていただきました。それぞれが好き勝手なことをする人と鶏で埋め尽くされた詳細なイラストは、時間を忘れて楽しめます。6人のアーティストが雄鶏を描くこの企画。ほかにも北澤平祐さん、サイトウユウスケさん、JERRYさんなど、個性豊かな雄鶏イラストが揃いました。ぜひサイトにアクセスしてダウンロードしてください!
le coq sportif 
www.lecoqsportif-jp.com/wallpaper/

Graphic Design_September 2017

グラフィックデザイン_パンフレット『Sifu』

デザイン会社である僕たちが、バッグの製作・販売をはじめたのが6年前。その立ち上げ時からお世話になっているカバン職人の方が、新たな事業にチャレンジしてます。和紙を糸にして織り上げる布「紙布(しふ)」を開発して、それを普及させるチャレンジは、手探り状態からはじめた僕らも経験済み。きっと「いろんな大変なこと」があると思いますが、その先にある「いろんなうれしいこと」を目指して頑張ってほしいと思います!
Sifu(有限会社メニサイド) 
www.sifuadachiya.com

Tabisuke Tabizo_September 2017

旅助旅造_背中がムレないバックパック作り その10

鬼門のパッド、4度目の試作開始です 笑。今回の改良ポイントは、小型化&シンプルな形状。まずは超軟質ウレタンを流し込む「型」を作るための「母型」作りから。母型は、紙粘土をヤスリで削ってイメージする形を作ります。左右の肩に1個づつ左右反転した形状のパッドを乗せるので、当然、母型も2つ必要! 3Dプリンタは予算オーバーなので泣く泣く却下。自力でひたすら削り続けて、なんとか左右対称に。地味だけど、実は一番大変な母型が完成しました!

Tabisuke Tabizo_September 2017

旅助旅造_テレビ取材 TVK『猫のひたいほどワイド』

TVKの昼帯番組『猫ひた』の取材を受けました。「よく通りかかるけど、何の店か分からなくて気になる」と投稿があったそうです 笑。店舗紹介は約7分の長尺。はたして僕たちに7分の尺が持つのか? 動画制作に携わる身ならではの不安を抱きつつオンエアを見ると、、、店のコンセプトや商品が分かりやすく、丁寧に紹介されていました。ナイスエディット! ディレクターのイズミさん、レポーターの竹内さん、ありがとうございました!
猫のひたいほどワイド 
www.tvk-yokohama.com/nekohita/

Tabisuke Tabizo_September 2017

旅助旅造_トートバッグのサンプルづくり その2

前回の続きです。目指すのは、僕たちが使いたいトート。それは「荷物がたっぷり入る大型サイズ」「雨でも使える」「濡れたものが入れられる」「荷物が少なくても型崩れしない」「肩から掛けても痛くない」「収納したいものにジャストなポケット」「余計な装飾はなし!」 となると、ロゴプリントはないほうがいいのでは? というわけで、結局「The Seat Bag」の余り生地は使わないことにしました。作るきっかけはボツになりましたが、目指すトートの道筋は見えました!

Movie_August 2017

ムービー制作_Marmot「The Best Insulation」のBGM

以前の記事で紹介したMarmotの2017FW用PR動画「The Best Insulation」は、スウェーデンのロックデュオ「I USED TO BE A SPARROW」の「Life Is Good」をBGMに採用しました。厳冬期の白いアウトドア・フィールドのように荘厳で、美しいアンセムなメロディが今シーズンのPR内容にピッタリな曲です。探検家やスノーボーダーが語るMarmotのインサレーションも興味深いですが、BGMの方もぜひチェックを!
I USED TO BE A SPARROW 
http://www.thistimerecords.com/band/i-used-to-be-a-sparrowsparrow

Web Design_August 2017

WEBデザイン_Marmot「The Best Pants」

Marmotの2017FW用WEBページをデザインしました。Marmotのお家芸プロダクト「トレッキングパンツ」を紹介するWEBで、今シーズンの3本の新作パンツを徹底紹介してます。パンツ機能を詳細に解説した動画や、業界では類例のない「360度回転するパンツ」ビジュアルを掲載。パンツをじわじわ回転させながら24カット撮影し、それをパラパラ漫画の要領でひとつにしたビジュアルは、カラーシミュレーションもできる優れものです! ぜひご覧ください!!
Marmot www.marmot.jp/plb_2017/

Tabisuke Tabizo_August 2017

旅助旅造_トートバッグのサンプルづくり その1

縫って、ひっくり返して、適当な位置にロゴを入れて、できあがり。デザインから透けて見える生産の都合がどうにも解せず、いまいち積極的に作ろうとは思えないバッグ、それがトートでした。そんなトートに僕らも本腰を入れることになりました。きっかけは「The Seat Bag」の余り生地。この生地を活用し、デイリーだけでなく旅行にも使える大型トートを作ることに。まずは僕たちが使いたいトートのようなトート! を作ってみます!!

Tabisuke Tabizo_August 2017

旅助旅造_背中がムレないバックパック作り その9

前回行った「ハーネス」「ウエストベルト」「背面パネル」をジョイントしたサンプルの試着では、ハーネスに取り付けたパッドの形状と、ウエストベルトの構造とデザインに課題を残しました。まずはウエストベルトのリデザインから。骨盤を支持するベースフレームを「3本の緩衝材」にして、軽量化のためデザインをやや小型に変更。アジャスターベルトを斜めにクロスさせ、3本のベースフレームを無駄なく締めるようデザインしてます。次は鬼門のパッドです!

Movie_August 2017

ムービー制作_Marmot「The Best Insulation」 その2

先日の続きです。動画に登場いただいた角幡唯介さんには、Marmotのサイトにて極夜探検時のエピソードも語っていただきました。聞き手は、ホンジュラスの謎の文明を追跡したアドベンチャー・ノンフィクション『猿神のロスト・シティ』や、ランニングバムのバイブル『BORN TO RUN』の編集を手がけたNHK出版の松島倫明さんです。太陽のない極夜の80日、探検家の孤独と恍惚をまとめたこのテキストは、冒険好きにはたまらない内容になっています。必読!!
Marmot http://www.marmot.jp/insulation_polartec/
角幡唯介ブログ http://blog.goo.ne.jp/bazoooka

Movie_August 2017

ムービー制作_Marmot「The Best Insulation」 その1

アメリカの老舗アウトドア・ブランド「Marmot」の2017FW用PR動画を制作しました。動画は、作家の角幡唯介さんやプロスノーボーダーの田中幸さんなどに、Marmotのインサレーション(中綿)の実力を語っていただいた内容です。なかでも角幡さんの動画は、冬の北極圏の極夜探検で着用していたインサレーション・ジャケットについて、探検時の貴重な映像(太陽のない世界!)を交えた内容となっています。渾身の編集をした動画をぜひご覧ください!
Marmot http://www.marmot.jp/insulation_polartec/

Tabisuke Tabizo_29 July 2017

旅助旅造_
バックパッカーに向けたウォーキング・シューズ作り その1

旅助旅造のウォーキング・シューズ、そのファースト・サンプルが完成しました。この製品は、「正しいフィッティング」「ベアフットのような歩行感覚」を目指し、長距離/長時間を歩行するバックパッカーやトラベラーに向けた製品となります。ソールは2種類、表地はレザーと化繊から選べ、店頭と展示・受注会のみの販売を予定しております。来春の販売開始を目指し、まずはこのサンプルをもとにデザインの方向性を固め、歩行テストを重ねたいと思います!

Tabisuke Tabizo_29 July 2017

旅助旅造_
背中がムレないバックパック作り その8

首の下、ちょうど肩甲骨の上に乗せるクッションパッドの試作ができました。型取りしたウレタンをストレッチのメッシュ生地で包み、ハーネスとともに仮の背面ベースに取り付けてみました。ウエストベルト(これも試作ですが、結構、凝ったつくりです!)もジョイント式で、こちらも取り付けたら、おお! なんだか完成間近な印象に。おぼろげな未来でも、それを感じるだけで気持ちがあがりますね!。はやく背負いたい!!

Book Design_27 June 2017

ブックデザイン_
cinefex No.45が完成しました

ハリウッド映画のVFX技術を紹介する雑誌『cinefex』の45号が完成しました。今回の特集はローグ・ワン。最新のスター・ウォーズ、その製作舞台裏を余さず掲載しています。機材や設備、技術はもちろんですが、ハリウッドの真骨頂はクリエーターの高い志なんだなよなぁと、毎度デザインをしながら感じます。その志を曲解せず、シンプルに掲載し続けるこの雑誌もリスペクトです!ちなみに普通の書店では見つけづらいので、興味のある方は公式サイトからどうぞ!
cinefex No.45 cinefex.jp

Tabisuke Tabizo_15 June 2017

旅助旅造_
カスタムオーダー『The Component Pack』

軽量デイパック『The Component Pack』のカスタムオーダー品が完成しました。表地と専用ポーチをナイトマリーナに変更、またポーチの大きさも、ご自身の財布が入るサイズに変更しました。この『The Component Pack』はデザインリニューアルを予定しており、現在販売終了となっております。そのほかの製品は店頭でのみ、ボディサイズの変更を除いたカスタムオーダーを受け付けております。お気軽にご相談ください!

Tabisuke Tabizo_1 June 2017

旅助旅造_
シーズンヴィジュアルの撮影をしました

三浦半島・黒崎の鼻にて、旅助旅造のシーズンヴィジュアルの撮影を行いました。撮影はL.A.在住経験のあるshu tokonamiさんにお願いし、埃っぽくもクリアで、素敵なヴィジュアルに仕上げていただきました。shuさん、ヘアメイクの西澤環さん、赤提灯をこよなく愛するモデルのtomさん、ご協力ありがとうございました! 写真の額は藤沢にあるアンティークショップ「BRANT」で購入したものです。この店とオーナー、実に面白いです。機会があればぜひ!
BRANT www.brant-shop.com

Tabisuke Tabizo_15 May 2017

旅助旅造_
背中がムレないバックパック作り その7

形状を変えたパッド、その素材は紆余曲折あり「超軟質ウレタン」にしました。この素材は、キーボードに取り付ける「パームレスト」などに使用される低反発素材で、各種耐久性や形状維持に優れた特性を持ちます。この「超軟質ウレタン」を含め数種類の緩衝材でテストした結果、あたりの柔らかさと耐久性の部分で仮採用となりました。ただこの素材、液体を硬化させて形状をつくるため、型作りから硬化までの見張り時間等、かなりの手間がかかるのが難点です。

Tabisuke Tabizo_12 May 2017

旅助旅造_
MR. OLIVE

シーズンヴィジュアルに使用するクロージングを思案していると、モデルをお願いしたtomさんより『MR. OLIVE』を推薦するメールが。「プレスが友人で、かつ旅助旅造のプロダクトにきっとマッチするデザインですよ!」。早速、プレスの手嶋さんに連絡を取り付け、代官山にあるショールームへ行ってきました。こだわりが詰め込まれたデニムパンツをはじめ、素敵なクロージングがずらりと並び、こちらのテンションもアップ! 最高のヴィジュアルにせねばです!
MR.OLIVE www.mr-olive.net

MOVIE_10 April 2017

ムービー制作_
Marmot 「Dance with Rain」

アメリカの老舗アウトドア・ブランド「Marmot」の2017SS用PR動画を制作しました。動画は国際山岳ガイドの方をはじめとする4名のプロパーに、レインウェアの選び方などをインタビューしたものです。なかでも軽量レインウェア「ZERO Penetrate Jacket」のレビューをしていただいた靴職人の五宝賢太郎さんのパートでは、素材だけではなく、アイデアとデザインによる未来的な軽量化について、丁寧に解説していただいてます。デザインは本当に面白いですね!
Marmot www.marmot.jp/dance/

Tabisuke Tabizo_15 March 2017

旅助旅造_
背中がムレないバックパック作り その6

Tabisuke Tabizo_10 March 2017

旅助旅造_
カスタムオーダー『HS Camera Insert』

『The Hook Shoulder Bag 』専用のインナーケース『HS Camera Insert』のカスタムオーダー品が完成しました。表地をナイトマリーナに、背面にiPad miniを入れるためのポケット、上下の仕切板を追加というオーダーでした。右の写真は『The Hook Shoulder Bag』にサンプルをインサートしたものです。旅助旅造では店頭でのみ、ボディサイズの変更を除いたカスタムオーダーを受け付けております。お気軽にご相談ください。

MOVIE_3 March 2017

MOVIE_
プロテニスプレイヤー・綿貫陽介選手とNorton

le coq sportifの2017SS用PR動画を制作しました。動画はプロテニスプレイヤーの綿貫陽介選手が、ポルトガルのロックバンド『Norton』が奏でるダンサブルチューン「Two Points」に合わせ、しなやかに躍動する内容。綿貫選手の美しい筋肉と、自然に体をゆすってしまう『Norton』のサウンドが清々しくマッチした動画です! 追記)動画の公開は8月末で終了しましたが、サウンドは日本盤のディストリビューター『This Time Records』で視聴できます!
Norton www.thistimerecords.com/band/norton

Tabisuke Tabizo_12 February 2017

旅助旅造_
『The Hook Day Pack』

小型デイパック『The Hook Day Pack』が完成しました。この『The Hook Day Pack』は荷物の量に応じてサイドに設けた3本のダーツで膨らみを調整する巾着を、ハードなボデイに包んだデザインと、約18Lの使いやすいラゲッジスペースが特徴です。また汗ムレを抑える脱着式の背面パッド付きなのでオールシーズン、毎日ご使用いただけます! 価格はベーシックモデルが41,000円(税込)となります。
The Hook Day Pack The Hook Day Pack

Tabisuke Tabizo_19 January 2017

旅助旅造_
背中がムレないバックパック作り その5

「ハーネス」「ウエストベルト」「背面パネル」、この3つの構造を見直し、背中とパックが密着しないバックパックを目指してスタートしたモックアップ制作。お世話になっている金属加工のスペシャリスト・鴨川金属さんの協力のもと、ようやく「背面パネル」のモックアップが完成しました。ベースは柔らかいアルミ素材のため形状維持できず、また歩行時の耐衝撃やパック重量などを考えると素材置換の必要が。次はステンレスのバネ材で試す予定です!

Tabisuke Tabizo_8 January 2017

旅助旅造_
背中がムレないバックパック作り その4

「ハーネス」「ウエストベルト」「背面パネル」、この3パーツをジョイントさせたモックアップが完成しました。パッドを肩から肩甲骨の間へ移動させた結果、ハーネスを絞った状態でも背中と背面パネルの空間がしっかり維持されるように。ただ今回はハーネスに問題が! 素材の切替位置とデザイン(形状)の問題で、ハーネスをベルトで絞り体に密着させたときに胸の中心よりやや上で外側に反ってしまいました。それらを見直し、再度モックアップを制作します!